株とFXで10億稼ぐトレード記録

専業主夫兼専業トレーダーです。資金200万を10億にするためテクニカル重視、短期トレードでリアルに投資していきます

三尊を使ったテクニカル

f:id:kabuhonda:20201110012731p:image

 

 

 

今回は三尊を使った線引きで実際のチャートを使って検証していきたいと思います

 

 

まずはチャートで高値のところで三尊

 

安値のところで逆三尊を探して

 

左ショルダー、右ショルダーを結ぶショルダーラインと

 

そのラインをヘッドに合わせる

 

このチャネルを使ったテクニカルです

 

 

まずは

 

 

f:id:kabuhonda:20201110185731p:image

 

この逆三尊に

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201110185837p:image

 

 

こんな感じでチャネルを作ると

 

 

f:id:kabuhonda:20201111003942p:image

 

 

ここで支えられて反発してる

 

 

次は三尊で

 

 

f:id:kabuhonda:20201111004133p:image

 

 

こう引くと

 

 

f:id:kabuhonda:20201111004648p:image

 

 

ここで抑えられて下げてる

 

 

次は

 

 

f:id:kabuhonda:20201111004845p:image

 

 

 

逆三尊にチャネル引くと2回反発してますね

 

 

で、応用編

 

 

f:id:kabuhonda:20201111005022p:image

 

 

上の三尊で引いたものを

 

下の安値に持ってくると

 

 

f:id:kabuhonda:20201111005129p:image

 

 

矢印の部分で反発して上げていってます

 

 

次の逆三尊も

 

 

f:id:kabuhonda:20201111005327p:image

 

 

2回反発

 

 

このチャネルを上の高値に持っていくと

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111005433p:image

 

 

高値で反発して下げてますね

 

 

で、同じ場所で三尊からチャネルを作ると

 

 

f:id:kabuhonda:20201111005636p:image

 

 

上は少しはみ出てしまってますが

 

下は2回反発

 

そして3回目で割り込んでそのまま下げていってます

 

 

次はちょっと違うパターン

 

 

f:id:kabuhonda:20201111005828p:image

 

 

ここで三尊のチャネルを引いて見ると

 

全然反発せずに効いてないように見えますが

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111010042p:image

 

 

このチャネルを上に抜けたところで一気に上に上がってますね

 

抜けた場合は走り出す

 

 

どんどんいきます

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011144p:image

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011220p:image

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011329p:image

 

 

 

ヒゲでビタですね

 

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011444p:image

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011524p:image

 

 

上でズラしたチャネルが三尊作ってます

 

これはたまたまなのか?

 

 

 

その先は

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011614p:image

 

 

ちょっと反応してすぐ上に抜けてますね

 

勢いある時とかEMAがパーフェクトの時は抜けるのかもしれません

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011818p:image

 

 

次の逆三尊は

 

 

f:id:kabuhonda:20201111011847p:image

 

 

 

すぐに抜けてますね

勢いあるとやっぱり抜ける

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012011p:image

 

 

上は思いっきり抜けました

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012101p:image

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012132p:image

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012207p:image

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012228p:image

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012317p:image

 

 

今度は抜けてから引っかけて上昇

 

 

これを等倍で引いても面白い

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012408p:image

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012618p:image

 

 

 

次に気づいた発見

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012654p:image

f:id:kabuhonda:20201111012658p:image

 

 

上にすきまをあけてますね

 

こういう時は下に抜けやすいのかも

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012820p:image

 

 

これはチャネルに張り付いてから抜けていきました

 

 

張り付いたら要注意

 

 

 

その後は

 

 

f:id:kabuhonda:20201111012943p:image

 

 

 

 

上から落ちてきて反発して上昇

 

 

このチャネルを上にそのままずらせば

 

 

f:id:kabuhonda:20201111013114p:image

 

 

引っかけて上に上昇

 

 

どんどん行きます

 

 

f:id:kabuhonda:20201111013336p:imagef:id:kabuhonda:20201111013346p:imagef:id:kabuhonda:20201111013352p:image

 

等倍で何段も作っても効いてるパターン

 

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111013356p:image

 

 

これは下の逆三尊の角度がそのまま上の三尊の角度になっています

 

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111013400p:image

 

 

大きくすきまをあけて下に抜けてますね

 

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111013403p:image

 

 

 

 

 

こんな感じで終わり

 

 

 

やっぱりショルダーの角度で大事だと改めて実感しました

 

まだまだ検証してもっと理解を深めていきたいと思います

 

 

三尊でチャネルとった時

下にずらす場合

どの安値にずらすかっていうのもしっかり定義していかなければいけませんね

 

それではまた