株とFXで10億稼ぐトレード記録

専業主夫兼専業トレーダーです。資金200万を10億にするためテクニカル重視、短期トレードでリアルに投資していきます

1、2、3波の考え方と検証

f:id:kabuhonda:20201111142229p:image

 

基本的な考え方は上の図のように相場は逆三尊で下降トレンドが終わり、三尊で上昇トレンドが終わる

 

f:id:kabuhonda:20201111142236p:image

で、上昇の起点となるのが逆三尊でいう、右ショルダーから始まると考えて

 

この上昇トレンドの角度は逆三尊のショルダーライン

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111142246p:image

そして、逆三尊の右ショルダーから出す値幅は

左ショルダーまでの値幅を出してくる

f:id:kabuhonda:20201111142300p:image

 

上昇していき、上昇トレンドの終わりに出る三尊

 

そのショルダーの角度は

 

下降トレンドの終わりに出る逆三尊のショルダーの角度と同じになる

 

三尊、逆三尊は必ずしも同じ値幅を元の位置に返してくるわけじゃなくて

 

値幅を上に出したり、下に出したりする

 

それによって波の動きはさまざまなパターンが発生する

 

 

逆三尊、三尊崩れ

f:id:kabuhonda:20201111142309p:image

 

逆三尊崩れ、三尊

 

f:id:kabuhonda:20201111142331p:image

 

逆三尊崩れ、三尊崩れ

f:id:kabuhonda:20201111142346p:image

 

これらをしっかり把握していくためには過去から現在までの波の流れを追っていく必要がある

 

 

以下、検証

 

f:id:kabuhonda:20201111142401p:image

 

これは逆三尊崩れパターン

 

逆三尊が作ったショルダーラインを下に割り込み

ラインにタッチして反発してから下げ

値幅達成

 

こういう形はよくありますね

抜けてからすぐにショート入れるよりも

上げてチャネルに再度戻ってきたところで反発するところ

そこでショートを入れたいですね

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111142415p:image

 

左の三尊でチャネルを作り

 

f:id:kabuhonda:20201111142421p:image

 

右側がすきまをあけていたので、そこに合わせてチャネルをずらすと

緑丸の値幅が求められる

 

f:id:kabuhonda:20201111142430p:image

 

その後みていくと、引いてたチャネルラインに対して

三尊のショルダーラインがずれてますね

 

 

f:id:kabuhonda:20201111142437p:image

 

ここでチャネルラインを引き直してみると

 

 

f:id:kabuhonda:20201111142445p:image

 

1番上の値幅達成ポイントが求められます

 

 

 

f:id:kabuhonda:20201111142449p:image

 

 

オレンジの三角形でチャネルラインを引いても求められるので

 

 

上の場所はラインが2つ重なる場所

 

 

目標到達地点が重なった時なんかはエントリーしていってもいい気がします

 

基本は安全に

 

左ショルダーで値幅を達成したのを確認し

 

ヘッドを出してきてからチャネル内に戻り

 

右ショルダーを作ってチャネルに反発したところ

 

そこを狙ってトレードしていきたいですね