青ひげの株とFX物語

専業主夫兼専業トレーダーです。資金200万を10億にするためテクニカル重視、短期トレードでリアルに投資していきます

ロンドンフィキシングってなに?

f:id:kabuhonda:20200513024243j:image

 

FXトレードしているとよく耳にすることが、もうすぐロンフィクの時間とか、ロンフィキから大きく価格が動いたとか、、、

 

ロンフィク、ロンフィキってなに?

 

新しいバンド名でしょうか?

 

違うんです

 

ロンドンフィキシングのことなんです

 

ではロンドンフィキシングとは一体なんでしょうか

 

ご説明しましょう

 

ロンドンフィキシングってなに?

 

ロンドンフィキシングとは、ずばり金の価格を決定することを言います

 

ロンドン市場で決められた金の価格がその日の世界の金の価格になります

 

金の取引はドル建てで取引されます

 

そのため、ドルの需給関係に影響が出ます

 

このような関係性があるため、為替相場が動きやすくなるのです

 

ロンドンフィキシングの時間帯

 

ロンドンフィキシングの時間は夏と冬では時間帯が変わるので注意が必要です

 

冬時間は日本25時=ロンドン16時

夏時間は東京24時=ロンドン15時

 

ロンドンフィキシングによる影響

 

ロンドンフィキシングで決定された価格は、大手銀行、大手ヘッジファンド、年金機構、中央銀行といった大口機関で重要視されます

 

更にロンドンフィキシング前後には、これを狙って企業やトレーダーなどが参加してくるため、為替レートが大きく変動します

 

ロンドンフィキシングの数分前にはポジションを決済するため取引量が多くなります

 

企業のトレーダーが次の日にポジションを持ち越すのを避けるためです

 

さらに月末月初は決算を控えた企業がたくさんあり、ユーロやポンドに関連した通貨が大きく動く可能性があります

テクニカル的なトレンドを無視した動きになることもあるので注意が必要です

 

ロンドンフィキシングのトレード注意点

 

先程も説明しましたが、ロンドンフィキシング前後では大きく価格が変動することがあります

 

デイトレやスキャルピングなど、短期間でトレードしている方にとっては、急に価格が動くことにより大きな損をもたらす可能性があります

 

時にはテクニカルを全く無視した動きになります

 

個人的には、重要指標前もそうですが、ロンドンフィキシング前もなるべくポジションを持たないか、少しでもポジションを減らしておくことをオススメします

 

 

ロンドンフィキシングを利用したトレード

 

あまり値動きが荒い時にトレードするのはギャンブル性が大きくてオススメしないのですが

 

もし、ロンドンフィキシングの時にトレードをするのであれば

 

高値ブレイクでロングでエントリーし、5pipsで利確

 

もしくは

 

安値ブレイクでショートでエントリーし、5pipsで利確

 

これくらいのトレードならできるかなと思います

 

あまり欲張らずにトレードするほうがいいでしょう