株で10億稼ぐトレード記録

2019年1月から株始めました。資金100万を10億にするためテクニカル重視、短期トレードでリアルに投資していきます

ポジポジ病

f:id:kabuhonda:20190515234724p:image

 

最近、トレードで負ける原因の1つがポジポジ病だからじゃないかと思って来ました

 

まずポジポジ病の原因は

 

1、トレードするのが楽しい

 

2、早く稼ぎたい気持ちが強くある

 

3、負けを取り返したい

 

4、なんか上がりそう(下がりそう)な形だからとりあえずエントリーしてしまう

 

5、ポジションを持っていないことによる機会損失をしたくない

 

6、チャンスになるまで待つことができない

 

これら全て自分に当てはまりました

 

これはマズイですね!ということでそれぞれについて対処法を考えました!

 

1、トレードするのが楽しい

 

楽しいのは悪いことではなく、むしろいい事だと思います

 

しかしながらポジションを持っていないことで楽しくないとか、感情でトレードすることは損失を招きます

 

しっかりとしたルールに従ってトレードするべきだと思います

 

2、早く稼ぎたい気持ちが強くある

 

これはほとんどの方が思ってることだと思います

 

早く稼ぎたいが故に、焦ってトレードしてしまい、いつも練習してる通りにトレードができなくなり、結果的に損失を招くことになります

 

早く稼ぐためには焦らずトレードし、負けを減らし、コツコツと資金を増やしていくことが稼ぐための1番の近道だと思います

 

3、負けを取り返したい

 

負けた後の次のトレードはどうしても前の負けの分があるので、取り返したい気持ちが出てきますよね

 

そういった感情でトレードすると変な意識をしてしまい、自分のルール通りにトレードできなかったりしてうまくいきません

 

特に大きく負けた後は尚更のことです

 

負けた後はすぐにトレードするのではなく、少し時間を置いて、負けた反省をし、心を整理してから次のトレードに挑んだ方がいいですね

 

4、なんか上がりそう(下がりそう)な形だからとりあえずエントリーしてしまう

 

これに関しては自分の決めたルールを再確認する必要があります

 

自分の決めたルール、エントリーする時の条件を徹底して、それ以外のところではエントリーしないことを決めるしかないと思います

 

なんとなくエントリーするというのはもうやめましょう

 

5、ポジションを持っていないことによる機会損失をしたくない

 

買おうか悩んでた銘柄が上がっていって、やっぱり買っておけばよかったとか

 

売ろうか悩んでた銘柄が下がっていったりして、やっぱり売っておけばよかったとか

 

ありますよね

 

でも、悩むってことは自分のエントリーする条件に合っていなかったというわけで、条件が揃えば悩まずにエントリーしてると思うんですよね

 

機会損失をしたことを考えたって意味ないですし、そこでエントリーできなかったことは自分のレベルが足りなかったということなので、練習が足りないということです

 

6、チャンスになるまで待つことができない

 

むやみにポジションを持ってしまったり、ちょっとだけなら取れそうだという理由でエントリーしてしまいがちですよね

 

いざ本当のチャンスの場面でポジションを持っているが故にエントリーすることができないということがあります

 

やはり、本当にチャンスの場面、自分の得意なところ以外ではトレードしないということを徹底するしかないです

 

必ずチャンスの場面がくるので、それまで狙いを定めて、待つということが大事ですね

 

まとめ

 

○感情でトレードしない、ルールを必ず守るということ

○負けた時は心の整理をし、反省してから次に挑む

○自分の得意な場面以外はやらないということ

○機会損失しても気にしない、そこから学んで練習して次に活かせばよい

○チャートは同じ動きを繰り返すので必ずチャンスの場面がくるのでそれまで待つということ

 

以上です

なんかポジポジ病が治りそうな気がしてきました